機材・持ち物について

多くのサイトで花火撮影に関する情報は出ていますが、大分県内の花火撮影に関する事も織り交ぜてこちらで説明しています。

機材について

基本的にカメラ、レンズ、レリーズ、三脚があれば撮ることが出来ますが花火撮影に適した物が良いでしょう。

カメラ本体について

カメラ本体については一眼レフ/ミラーレスでレリーズが使えるのであれば安価な入門機でも構いません。コンパクトカメラやスマートフォンでも機種によっては撮影に使える機種もあるかと思いますがここでは取り上げません。
フルサイズのカメラの方がより鮮明に撮ることができますがAPS-Cでも十分綺麗な撮影が出来ます。
機材も安価軽量で済みますのでこれから揃える方はAPS-Cの中堅モデルで始められると良いかと思います。

レンズについて

センター正面から撮影することを考えると大分県の多くの会場では広角レンズが必要となります。
35mm換算で16mm~のズームレンズをお勧めします。魚眼レンズも良いでしょう。
RAW撮影をしておけば現像ソフトで魚眼レンズの歪みを補正して平らにすることも可能です。

三脚について

数千円程度で販売されている製品は重量のあるカメラに適していない場合があります。
店頭で実物を見て撮影者の身長に適しているか?重さはどうか?など確認して購入すると良いでしょう。
三脚は長い間使うことが出来ますから良いものを選ぶ事をお勧めします。
フルサイズになるとカメラとレンズを含め重量があるので太くてしっかりした物が必要です。
雲台はビデオ用では無く3ウエイの写真用を選びましょう。

持ち物について

撮影に必要なアクセサリー類を紹介します。カメラバッグは適当な物を用意して下さい。

  1. リモートレリーズ2本(本番・予備)
  2. ND4フィルター
  3. 予備バッテリー、メディア
  4. クリーニング用品(クロス、ブロアー等)
  5. ヘッドライト(頭にベルトで固定出来るもの)
  6. 天候に応じて機材に掛けるポリ袋、タオル類
  7. 折り畳み踏み台(商品名:セノ・ビー)←類似品で可。椅子として使う
  8. 折り畳みカート(駐車場から会場まで長距離歩く場合)
  9. 虫除けスプレー/虫刺され薬。共に携帯用がお勧め
  10. 必要であれば食料品や飲料水など

レリーズは安い互換品をいくつか買って準備していました。
ロックが動作しないようにマスキングテープで固定しておきます。

テープでロックが動作しないように固定

最近の花火は明るい物が多いのでND4フィルターで対応します。
メーカー名不詳の安価はフィルターは色味が変化するので信頼できる物を選んで下さい。

赤色LEDが使える物は撮影中に点灯しても迷惑になりづらい

ヘッドライトは両手が空くので撮影後の片付けにとても便利です。赤色LEDを搭載した物は撮影中に点灯させて探しものをするのに迷惑にならず重宝しました。

 

タイトルとURLをコピーしました